なぜなら、皮下脂肪が落ちて「スリム」になっても、内臓脂肪がたまっていることがあるからです。 皮下脂肪とは、皮膚の下の脂肪層にたまる脂肪のことで、一般にダイエットのターゲットとなるのはこの皮下脂肪です。 一方、内臓脂肪とは内臓のまわりにたまる脂肪のこと。 内装脂肪は皮下脂肪と違って、外見からはその存在をつかみにくく、スリムな人でも、内臓周りにベットリと脂肪が付いている場合が少なくありません。 そして、生活習慣病と関係が深いのは、皮下脂肪よりもむしろ内臓脂肪なのです。 では、どのようにしたら“内臓脂肪ダイエット”ができるのでしょうか。 内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて燃焼させやすいという特徴があります。 しかし、やみくもに腹筋などを行なっても、筋肉はつきますが、内臓脂肪を落とすという点では、あまり効果がありません。 【続きを読む】

お勧めリンク集
格安ダイエット用品 | 狭いお部屋でもダイエット用品 | 飲むダイエット用品 | いつでもどこでもコロコロダイエット用品 | コロコロするダイエット用品にハマル!



2008.07.31 Thu l Category: None l top ▲